スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いなくなれ、群青」

aaaa_convert_20160106190158.jpg
【作品紹介】
レーベル:新潮文庫nex
著者:河野裕
カバー装画:越島はぐ
カバーデザイン:川谷康久
11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。
グッドかバッドなら、間違いなくグッドの部類に入る作品。
ただ、私見として言わせてもらうならば好みではないということになります。やはり読書とかそういう経験の積み重ねとして自然と会話劇というものが好みであるし、つきましては魅力的なキャラクターこそ重要だと思ったりもします。
キャラクターが物語を色づけていくし、物語がキャラクターを光り輝かせるわけで、どっちが重要かなんて意見を偉そうに述べるつもりもありません。物語として良かったことは否定しませんが、例えば大学読書人大賞第一位とかそういう目に見える面白さの基準としては期待外れだったかもしれません。やっぱり好みですよね。
一言で表せば合いませんでした。

評価
キャラクター B-
イマイチ好きにはなれないキャラクターでした。どうしようもないことは承知ですが。
ストーリー B
青春ミステリ! には思わず首を傾げてしまいました。その結構重要だったのかよと裏を見て気づいたり、もっとも結構雑読してしまったので読み直せば印象は変わるかもしれません。
総合 B
タイトルのセンスは間違いなくA
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

「シャーロック・ノート 学園裁判と密室の謎」

81Zx1B2J9j_convert_20151208155250.jpg
【作品紹介】
レーベル:新潮社nex
作者:円居挽
カバー装画:片山若子
カバーデザイン:鈴木久美
剣峰成は退屈していた。都内屈指の進学校にもかかわらず、クラスメイトは凡庸な生徒ばかり。目指す高みには到底たどり着けそうにない…。そんな成の前に現れた少女、太刀杜からん。彼女との出会いをきっかけに、成は鷹司高校の真の姿を目の当たりにする。論理と論理をぶつけ合う学園裁判。殺人と暗号。連続密室爆破事件と犯人。若き才能が放つ、青春×本格ミステリの新機軸。

普段、このブログを書くときにはAmazonから画像を引っ張ってくるんですが、けちょんけちょんに貶されてて正直笑ってしまいました。ミステリーを読む才能はないですね。
むしろミステリーを評価する才能とでも言い換えておきましょう。
なんだか、トリックがクソとの評価ですが、そういうテイストの作品を読まない方からすれば何々のテイストが感じられるとか作者の他作品を知っていると既視感を覚えるなどなど瑣末な問題ですよ。
基本的には短編集みたいな構成をしていて、名探偵を殺せなんて煽りがいやいやそこまでのもんじゃないでしょうと思えるくらいなものです。青春作品として楽しんでいるという面も否定しません。
出来の悪いラノベっていう評価もあながち間違いではないのかもしれません。というのも、ラノベってジャンルが往々にして青春小説っていう見方をすることもできて、けれどそういう作品っていうのは青春だけで片付けられるものではないわけです。
だったら、青春の方はよくできていても加えあわせのここでは“本格ミステリ”の部分がダメだったら、出来の悪いラノベっていう評価もある意味頷けるのかもしれません。
簡単にまとめれば、個人としては楽しめましたがあなたが楽しめるかはちょっと保証できませんという身も蓋もない感想です。

評価
キャラクター B
一瞬のきらめきを見せてくれた太刀杜からんちゃんに敬意を評します。
ストーリー B
ミステリーとしてどれだけ完成されているかなんてわかりかねます。
総合 B
少なくとも個人としては楽しめました。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。