スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「θ 11番ホームの妖精 アクアリウムの人魚たち」

51nXrO5KISL_convert_20160304213442.jpg
【作品紹介】
レーベル:ハヤカワ文庫
著者:籘真千歳
イラスト:竹岡美穂
鏡状門の開発によりC.D.鉄道網が実用化された世界。東京駅上空2200mに浮かぶ第11番ホームにて百年以上勤務する全身義体の少女T・Bは、今日も変わらずお客様を迎えるのだった―。相棒のサイボーグ犬・義経の入院中に、駅を管理する第七世代コンピュータ“アリス”をめぐる騒動が勃発する短篇と、輸送中の冷凍睡眠装置から突然目覚め、待遇の変更を求める少女に迫る謀略を暴く中篇を収録したシリーズ第2弾!
シリーズ第二弾は短編一本と中編(長編?)一本という構成。相変わらず読みやすい文章としっかりした展開、そしてわくわくさせるような設定と見所満載マックス素晴らしさしかありません。さらに前作であるスワロウテイルシリーズを知っていれば思わずにやっとしてしまうこと間違いなしと言ったところでしょうか。
新しい子であったり、義経であったりの駆け引きなんかも見ていってかなりニヤニヤしてしまうし、彼の言ったことはとってもロマンティズムに溢れていて素敵ですよね。T・Bのいる11番ホームにまた来ることができてやっぱり幸せ以外の言葉はあんまり出てきませんね。

評価
キャラクター A
彼、いいですよねえ。そして、アリスのこういうところが見れてちょっと嬉しかったりします。
ストーリー A
スワロウテイルの息吹がところどころ見えて、終始ニヤニヤしていました。
総合 A
続きを楽しみに正座しつつ、籘真千歳先生のTwitterを終始監視しているレベル。
スポンサーサイト

「θ 11番ホームの妖精 鏡仕掛けの乙女たち」

512FHu2sDiL_convert_20160201201021.jpg
【作品紹介】
レーベル:ハヤカワ文庫
著者:籘真千歳
イラスト:竹岡美穂
鏡状門の開発によりC.D.鉄道網が実用化され、世界が数時間で結ばれる時代。東京駅上空2200mに浮かぶ幻の第11番ホームに独り勤務する全身義体の少女T・Bは、150年前の事件で別れた仲間との再会を願っていた。時折ワケありの乗客が降り立つばかりの閑散とした駅にある日、謎の車輌が高速で突進してくるという警報が…“スワロウテイル”世界の裏の出来事を描いたデビュー書籍に未収録作を加えた連作完全版!
あらかじめ言っておきますが、電撃文庫版未読です。
そのため電撃文庫版と比較してどうこうという感想を述べることはできません。
持っている比較対象というのはスワロウテイルシリーズしかなくて比較するならばそこということになるでしょう。端的に言って非常に読みやすくなっています。私見に過ぎませんが、スワロウテイルシリーズの連作中編、最終巻と同等かそれ以上の読みやすさだと思います。
かと言って物語が軽いというわけでもありません。重厚な設定はもちろんのこと過酷な運命に翻弄され続ける少女たちの訪れることのない再会を待つ時間は、きっと読者の心を揺り動かしてくれるでしょう。
新刊が出ているとのことで読んでみた作品ですが、非常に満足の行く出来だったと思います。

評価
キャラクター A
お人好しの主人公と皮肉屋の狼のバディものみたいです。思わずニヤニヤしてしまう掛け合いはとっても魅力的です。
ストーリー A
三つの作品が収録されていますが、お気に入りはTicket 03:魔女とバニラとショートホープですね。鐔目十三月ちゃんがとっても可愛らしくて最高ですね。
総合 A
籘真千歳先生はとても読みやすいSF小説を書かれているので非常にとっつきやすい作品なので皆さんも是非読んでみてください。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。