スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャーロック・ノート 学園裁判と密室の謎」

81Zx1B2J9j_convert_20151208155250.jpg
【作品紹介】
レーベル:新潮社nex
作者:円居挽
カバー装画:片山若子
カバーデザイン:鈴木久美
剣峰成は退屈していた。都内屈指の進学校にもかかわらず、クラスメイトは凡庸な生徒ばかり。目指す高みには到底たどり着けそうにない…。そんな成の前に現れた少女、太刀杜からん。彼女との出会いをきっかけに、成は鷹司高校の真の姿を目の当たりにする。論理と論理をぶつけ合う学園裁判。殺人と暗号。連続密室爆破事件と犯人。若き才能が放つ、青春×本格ミステリの新機軸。

普段、このブログを書くときにはAmazonから画像を引っ張ってくるんですが、けちょんけちょんに貶されてて正直笑ってしまいました。ミステリーを読む才能はないですね。
むしろミステリーを評価する才能とでも言い換えておきましょう。
なんだか、トリックがクソとの評価ですが、そういうテイストの作品を読まない方からすれば何々のテイストが感じられるとか作者の他作品を知っていると既視感を覚えるなどなど瑣末な問題ですよ。
基本的には短編集みたいな構成をしていて、名探偵を殺せなんて煽りがいやいやそこまでのもんじゃないでしょうと思えるくらいなものです。青春作品として楽しんでいるという面も否定しません。
出来の悪いラノベっていう評価もあながち間違いではないのかもしれません。というのも、ラノベってジャンルが往々にして青春小説っていう見方をすることもできて、けれどそういう作品っていうのは青春だけで片付けられるものではないわけです。
だったら、青春の方はよくできていても加えあわせのここでは“本格ミステリ”の部分がダメだったら、出来の悪いラノベっていう評価もある意味頷けるのかもしれません。
簡単にまとめれば、個人としては楽しめましたがあなたが楽しめるかはちょっと保証できませんという身も蓋もない感想です。

評価
キャラクター B
一瞬のきらめきを見せてくれた太刀杜からんちゃんに敬意を評します。
ストーリー B
ミステリーとしてどれだけ完成されているかなんてわかりかねます。
総合 B
少なくとも個人としては楽しめました。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」

91HMqbPJ_convert_20151207190536.jpg
【作品紹介】
レーベル:電撃文庫
著者:鴨志田一
イラスト:溝口ケージ

タレント活動に復帰した麻衣先輩と、念願の彼氏彼女になり浮かれる咲太。──のはずが、翌朝起きたら付き合う前に戻っていた!? これは僕がブタ野郎だからなのか? 青春のバカ野郎! 原因は“思春期症候群”だと考えた咲太は、事象を起こしている人物を探すことに。 そんな咲太の前に、尻を蹴り合った仲の後輩・朋絵が現れる。彼女は友達の憧れの先輩からの告白を回避すべく、逃げ回っているらしい。 その最中、ふとしたことで「咲太と朋絵がつきあっている」と周囲に誤解されてしまう。しかも朋絵はこれ幸いと、咲太に「嘘の彼氏」になってほしいと頼んでくるのだった。 ち、違うんだ麻衣さ~ん! 咲太の心の声もむなしく、二人は「恋人のふり」をすることになり──!? シリーズ第2弾登場!
もしも、世界をやり直すことができたならば?
真実を嘘に変えることはできるでしょうか。嘘を真実に変えることはできるでしょうか。ラブコメの王道中の王道。偽装恋人の時間です。今回も中高生の微妙な、けれど彼らにとっては深刻な事象が大きな問題として横たわっています。
偽装恋人の王道っぷりを鴨志田一先生は素晴らしいくらい丁寧に描いてくれています。バックボーンやアイデンティティを結末へと収斂させていく展開はまさに感動の一言。
毎度のことながらですが、鴨志田一先生は構成がうまいなとここでそれを出してくるのは卑怯でしょと、飽きることのない作家ですね。

評価
キャラクター A+
麻衣さんの正妻ぶりも古賀の可愛い後輩ぶりも素晴らしいですね。咲太はイケメン、間違いない。
ストーリー A
極めて王道な展開をここまで劇的に描くのは流石としか言い様がありません。
総合 A
もう、皆さん鴨志田一についていくしかないですねそうですよね!?
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

「塔京ソウルウィザーズ」

61am07ESwhL_convert_20151205161919.jpg
【作品紹介】
レーベル:電撃文庫
著者:愛染猫太郎
イラスト:小幡怜央

鉄の箒にまたがった魔女が、夜空を滑走する。ここは「塔京」。ソウル・ウィザーズが集いし魔法の都。自分の魂を改造し、死者のソウルを消費し『奇跡』を起こす者達をソウル・ウィザードという。時計塔学園・双児宮に所属するウィザード・黒乃一将は、『自由騎士』として、自身の守護霊である不死の魔犬ブリュンヒルデと共に「児雷也」討伐クエストの任務に就く。動物霊召喚専門の異名を持つ一将は奇策により「児雷也」に勝利。焼け残ったアジトから、金髪の少女の姿をしたデバイス「ソフィア=04」を発見する。それは、一将に幸運と凶運をもたらし…。第19回電撃小説大賞銀賞受賞作。
個人的なもう二度と刊行されることはないだろう傑作ライトノベルです
なぜ語られることがないかと言われれば、それはもう語りたくありませんというしかないですが、新人賞作家なのにもう二年以上続きが出ていないんですよ
この物語はSFやらサイバーパンクやらファンタジーに分類されるかなとそういう型に嵌った分類とかあんまり関係ないんじゃないかなと思わせるライトノベルらしい作品です
このごちゃまぜ感こそがライトノベルであるとすら思います
犬耳、猫耳美少女も参戦して、どれだけ要素詰め込んでいるんだって話です
結局のところ、バトル展開になるわけですけれども、それが非常に熱い。敵味方に理由があり、これまた燃え上がります。やっぱり燃えと萌えが両立するのはラノベですよはい。
ただ、あとがきを見たりタイトルでネット検索をかけてみると非常に悲しい気持ちになってしまうところだけは何とかしてくださいお願いします電撃文庫さん

評価
キャラクター B+
ヒロイン、主人公、敵役、若干の硬さはありますが、きちんとした意思を持った魅力的な人物です。
ストーリー A
親切設計の設定紹介から、登場人物の葛藤、目的など綺麗に描ききっています。終盤のバトル展開は非常に熱いです。
総合 B+
これの続きが出ない世界は間違っています。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

「殺戮のマトリクスエッジ」

7185GyfRmiL_convert_20151204191242.jpg
【作品紹介】
レーベル:ガガガ文庫
著者:桜井光
イラスト:すみ兵

西暦20××年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。この都市には、電脳を喰らう獣がいる。それは、電脳ネット上、どこにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。そして、彼・小城ソーマは奴らを狩る。鮮血と電子の満ちる裏路地で、彼は独り、獣を狩る。ある晩出会った不思議な少女と共に、彼は都市の大いなる陰謀に巻き込まれ、翻弄される。ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション始動!!
Fate/Grand Order(クソゲー)やスチームパンクシリーズ(やったことない)でお馴染みの桜井光のラノベだということで話題になっていたところを購入しましたけれど、凄く面白いんですよこれ。
常に人生における最適行動を提示するコマンドシステムなど、かなりSFとして完成されている感があり、世界観を楽しむだけでも素晴らしいこと間違いなしです。さらにアンダーグラウンド世界における怪物、そしてバトル。改造人間。かなり心が踊ります。
可愛いヒロインまでついてきてさらにお楽しみです。
私見ですが、柏木ちゃんがとっても可愛いですね。主人公であるソーマくんを見ている乙女ですが、その視点で語られるいじらしさがとっても心がポカポカして微笑ましいです!
文句なしの面白さです! 早く四巻出してください!

評価
キャラクター B+
ユーノ・柏木ちゃんがとっても可愛いです
ストーリー B
まだまだ序章といった感じでこんなものかなと思います。これからどんどん面白くなっていきます!
総合 B
やはり設定出しといった印象の強いです。エロゲライターって基本こんなものですよ

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
11 ≪│2015/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。