スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファイヤーガール3 青銅の巨人上巻」

51OxkzaWlnL_convert_20151222161800.jpg
【作品紹介】
レーベル:TYPE-MOON BOOKS
著者:星空めてお
イラスト:BUNBUN
――私、もう新入りじゃないですよ?
青藍高校一年、探検部所属、日ノ岡ほむらは魔法使い見習い。
旅立つ先は、木星に匹敵するという未知なる世界・虚惑星。
ついに戻った稲荷直を副部長に加え、部員五人が揃って迎えた三学期は、思わぬ出来事の連続。挑んだ長距離転移試験でもトラブル発生。凶暴な野生動物と対決する羽目に!
しかもお得意の魔法が効かない!?やがて届いたすばる姫からの正式な招待に、ほむらの心は揺れる。

雄大な自然と、予想もつかない事件が、ほむらを心躍る冒険へと誘う。
学園・異世界冒険ストーリー。
今回もほむらはとってもほむららしいなって思いました。
ほむらが普通の女子高生だ、って散々言ってるんですけどやっぱり普通の女子高生ってそんなに強くないんですよ。皆、秀才だったり天才だったり、いくら進学校とはいえやっとのこさ入ったほむらなんかじゃ太刀打ちできないわけです。
でも、何とかかんとか頑張ってきてさてこうなってしまったという結果だと思うんです。ほむらのあれは。人によっては嫌悪感だったりそういう感情を抱いてしまう人がいるかもしれません。でも、彼女は普通の女子高生でまだまだ子供なんだって周りが大人ばかりで(※あくまで精神性が)その中でほむらも上手くやっているから勘違いされるだけでほむらはまだまだ子供なんです。
御陵さんや稲荷さん、東野くんなんかが結構ヘヴィーな過去や出で立ちをしていてしっかりしすぎているだけで、上狛さんや天竜くんが才能に溢れてるだけで、ほむら自身は普通の女の子なんだってわかってあげてほしいなと。
カブリエッラが登場してほむらの周りが急に華やかになったり(やっぱり九条さんがいいですが)こういうふうに人と人との繋がりがどんどん生まれていく中でああ、羨ましいなあって思ったりもします。
星空めてお先生が予告したとおり、物語は終結へと向かっています。実際、設定としてはまだまだ書けるんだろうし、新しく入ってくる子のことも見てみたい! ってすっごく思うんですけど、やっぱりキリがいいのはそこなんですよね。
とりあえず、12月29日ファイヤーガール3「青銅の巨人」下巻発売ですので皆さんもほむらたち探検部の物語の結末を見届けてくれたらなあと思います。

評価
キャラクター A+
これまですっごい頑張ってきたほむらの弱さが見れてますますしっかり作られているなあと思いました。
ストーリー B+
物語としてはやっぱり控え目。しかし色々ときっついことも出てきましたがこれはこれでいいのです。
総合 A
最終巻が楽しみです。


ファイヤーガール2「白嶺の幻肢虎」下巻
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
11 ≪│2015/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。