スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「0.2ルクスの魔法の下で」

71U4ATCj8tL_convert_20160419153154.jpg
【作品紹介】
レーベル:GA文庫
著者:嶋志摩
イラスト:竹岡美穂
藤倉リザはこの世界でたった一人の“魔法使い"
僕は彼女を――不幸にする。


「どうやってその字を読んだの? この世界の文字じゃないのに」
ある日高校生の東圭輔は、校内で有名な不良娘、藤倉リザの前で
うっかり異世界の文字を読んでしまう。

リザは誰もが美少女と認めるが、跳ねっ返りで友達がいない孤高の存在。
そして自称“あちら側の世界"の魔法使い……の孫娘。

“あちら側の世界"に憧れる彼女は、祖母の遺産を紐解き世界を渡る手伝いをしろと付きまとうが――。

「幽霊少女がユニコーンの角を盗んだに違いないわ。あなたも手伝いなさい! 」

嘘吐き少年と不良少女が織りなす、学園ミステリックファンタジー。
GA文庫大賞《奨励賞》受賞作。
個人的にはさほど悪くないどころか結構良いと思います。確かにファンタジーちっくな世界を期待していた人にとっては期待はずれなのかもしれませんが、ジュブナイルとしてはやはり中々悪くない、どころか結構良いと思うわけです。
簡単に言えば、現実からの逃避。叶うか、叶わないかはともかくとしてとにかく前に進むしかない。そういう先の見えない道を一歩一歩進んでいく緊張感と言いますか、逼迫した些細な悩みと言いますか、そういう青春っぽさが好きです。私見ですが。
能力がご都合主義~だとかそういうのは次巻以降を楽しみにするべきと言いますか、悪いところではなく、良いところを褒めて伸ばしてあげてほしい、そういうふうに思うわけですよ。

評価
キャラクター B+
どこにでもいるようなリアルなキャラクター像は好きです。ただ、不満を言わせてもらえればもう少し尖っていてもよかった気もします。
ストーリー B
オチの弱さはさておき、リザと主人公の絡み、いかにも青春っぽい悩みだったりそういうのはかなり良かったのではないでしょうか。
総合 B
次回以降の話の展開に期待しましょう。頑張って続いてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2016/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。