スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神栖麗奈は此処に散る」

kamisu_convert_20151030204926.jpg
【作品紹介】
レーベル:電撃文庫
著者:御影瑛路

神栖麗奈。純聖和学園の前生徒会長であり、おかしいくらいに美しく、学園における「絶対」の指針、法律だった存在。すべての人の理想であり、完璧であり、目標であり、そして、救いだった存在。 彼女は此処にいた。 そして、此処で散った。 それが全ての始まりだった――。 三津井千美、神栖聊爾、河合さくら、そして、神栖麗奈自身が語る死の真相……。 彼らがいかに苦しみ、救われたかったのか――。 新鋭・御影瑛路が描く、『神栖麗奈は此処にいる』 待望の続編。
神栖麗奈を――忘れるな
前作「神栖麗奈は此処にいる」の続編であり、前日譚。
人を殺すという神栖麗奈という“概念”が、神栖麗奈という“現象”がいかに形成されていったかが、明らかになります。
元々、神栖麗奈という人間は存在しました。
人を殺すなどという概念からは程遠い神栖麗奈がいかに悩み、苦しみ、あるいは翻弄して、神栖麗奈という“現象”に至ったのか。
決して全てが明らかになるわけではなく、あくまで解釈は読者に委ねられたままです。
一人の人間が現象になるまで、そんな物語です。

評価
キャラクター B+
神栖麗奈というキャラクターに全てが集約されているためこの評価。仕方なのない面もあるかなと。
ストーリー A
続編ではありますが、単巻としても読める出来だと思います。複数視点から語られる同一の物語に関して、素晴らしい仕上がりだと思います。
総合 A
前巻の最大の謎であった神栖麗奈について鳥肌が立つほどの強さでもって教えてくれます。
「神栖麗奈は此処にいる」感想
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。