スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか―」

51QO5CymvNL_convert_20151127203815.jpg
【作品紹介】
レーベル:ダッシュエックス文庫
著者:るーすぼーい
イラスト:白身魚

ある教団の施設で育った旭は親友である樹と陽咲と共に、教団の規則に反発しながらも辛い境遇を乗り越え日々を過ごしてきた。しかし、ある事件をきっかけに「旭」は施設からの"脱獄"を決意する―。

 しっかりじっくり読んで、続きが出てから読み直して正確な評価を下したいと思います。
 何が言いたいかというと叙述トリックの部分が全くわからなかったからです。いい加減な読み方をしていることがかなり露呈してしまった感がありますが、気にしないでください。まず、第一に昨今のライトノベルで言われているようなキャラクターの魅力を生かすような、シナリオ展開をする、いわゆるキャラクター小説ではない、ということです。
 理不尽な環境からの脱出、というサスペンス展開としての面白さは間違いありませんでしたが、ではこれはライトノベルであるか? と言われてしまえばうん? と首を傾げざるを得ないと思います。エロゲーライターのるーすぼーい先生はイラストである程度の可愛さみたいなものが、表現されているわけですが、ラノベはそのイラストが占める比重が結構低いわけです。
 ヒロインの可愛さ、ということもあんまり伝わってこなくて、主人公が頑張ったのは一体なんだったんだという気分になります。それが作者の狙い通りなのかもしれませんが。とはいえ、エロゲーライターはスロースターターがデフォルトみたいなものなので、続きに期待したいところです

評価
キャラクター B
主人公が格好いいだけですね、、今のところは。
ストーリー B+
手に汗握る脱出劇であることは間違いありませんが、「感動」だとか「衝撃」という帯に疑問符がついてしまいます。広報の能力が疑われます。
総合 B
凄かったですけど、それほど面白くない。というのが、正直な感想です。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。