スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生徒会探偵キリカ1」

51JLDz0GBZL_convert_20160116192730.jpg
【作品紹介】
レーベル:講談社ラノベ文庫
著者:杉井光
イラスト:ぼんかん⑧
僕が入学してしまった高校は、生徒数8000人の超巨大学園。その生徒会を牛耳るのは、たった三人の女の子だった。女のくせに女好きの暴君会長、全校のマドンナである副会長、そして総額八億円もの生徒会予算を握る不登校児・聖橋キリカ。生徒会長によってむりやり生徒会に引きずり込まれた僕は、キリカの「もうひとつの役職」を手伝うことになり…生徒会室に次々やってくるトラブルや変人たちと戦う日々が始まるのだった!愛と欲望と札束とセクハラが飛び交うハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、堂々開幕。
杉井光先生「こーこーせーたんてーものをぜったいかいてみせう!」
というコンセプトで始まった本作品(あとがき参照)は今度こそ高校生探偵しています。どこぞの裏社会のフィクサーとは違うんですよ! とまあ、まだ書いていない作品についてあーだこーだ言うのもあれなので以下本編について。
白樹台学園の生徒会予算は何と総額八億円。そんな巨大な生徒会の会計、お金大好きちぃっちゃい会計聖橋キリカが学園内の事件を前払い千五百円、後払い千八百円で解決していく(裏で詐欺師が暗躍し色んな辻褄合わせをしていく)物語。
杉井光先生らしく、心地よい文体はすらすらとページを捲る指を促し思わず蕩けてしまうような陶酔感が最高です。まあ、賢明な杉井光先生ファンならお察しのとおり、主人公が詐欺師なんですけどね。
相変わらず抜けているところはありますが、天然のジゴロ気質はありやはりいつもの杉井光主人公と言えるでしょう。ちなみに私見ですが、杉井光先生の書くモブはとっても好きです。

評価
ストーリー B+
若干テンプレなキャラクターは杉井光先生にはよくあることですが、文章での味付けがしっかりとできており飽きさせません。
キャラクター A
主人公、詐欺師。オデ、ウソ、ツク。デモ、ミナ、シアワセ。
総合 B+
個人的な感想ですが、主人公の名前の由来、とっても素敵だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。