スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつかの空、君との魔法」

814Z-0FLeGL_convert_20161001115732.jpg
【作品紹介】
レーベル:スニーカー文庫
著者:藤宮カズキ
イラスト:フライ
その空の色を、まだ誰も知らない。

酸素と同じように、人々の生命活動に精霊が不可欠な世界。
近代化された都市・アリステルに生きる人々は、常に上空を覆うダスト層雲によって空の青さを知らずにいた。
ダスト層雲を払い、精霊を呼び寄せることが出来るのは、箒に乗って魔法を使う儀式<グラオベーゼン>の担い手である<ヘクセ>と呼ばれる10代の少年少女だけ。
箒さばきと造形魔法が天才的なものの高所恐怖症という三流ヘクセの主人公カリムと、彼の幼馴染みで当代随一のヘクセ揺月は、過去の事故以来お互いのことを気にしながらも疎遠になっていた。
そんな中、アリステルの街を危機に陥れる規模の精霊不足が起こり、カリムと揺月は二人でグラオベーゼンを行うことに。
全く噛み合わない二人は、町の人々を救うため「青空」を招くことが出来るのか――。

稀代の新鋭が描く、空を駆ける青春ファンタジー。
凄くいいですねえ。こういう罪悪感から歪んでしまう友情が徐々に解れていく流れは、とても好きなのです。大好物なのです。どんよりとした雲の向こうの星空を、眺めるために。あるいは、その先を目指した友情を取り戻すために。
一生懸命頑張る姿は本当に思わず涙が溢れました。
正直なところ、まるごとお気に入りのシーンを引用したいくらいなんですけど、そこは流石に御法度ということで。けれど、非常にオススメなのでぜひぜひ読んでいただきたいですね。

評価
キャラクター A
主人公初め、メインもサブもすごい見所があって、とっても魅力的で、すっごく好きになれるキャラクターばかりです!
ストーリー A+
はっきり言えば、空と一緒に迷いも払う。この一言でストーリーは説明できてしまうんですけど、それでも。この話をここまで膨らませて、物語としてまとめあげた実力は疑う余地のない才能だと思います。続き、楽しみにしてますね!
総合 A
ちなみにフライ先生の絵も非常に可愛いのでイラスト買いでも後悔はしませんさせませんよ!
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bluemint12

Author:bluemint12
オタクです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。